マルチ予想を入力するだけで重複する投票を削減し
バラ買い購入用webマクロを自動生成します


・本サイトのWebサービスは、全て無料で利用できます。
・メールアドレス登録等の事前の手続きは、一切必要ありません。
・大量のシングル投票情報をブラウザマクロに変換し
 入力の手間を軽減します。

公式 Yahoo



【買い目(行)】




【生成されたマクロ】



 トリプルの数




 
1003009002,7008,10024,300
2006001,8005,40016,20048,600
4001,2003,60010,80032,400 
8002,4007,20021,600  
1,6004,80014,40043,200  
3,2009,60028,800   
6,40019,200    
12,80038,400    
25,600     
  totoをマルチ(競馬でいうボックス)形式で購入しようとすると
 購入金額はダブル/トリプルの数に応じて累乗になり
 膨大な額となります。
概要1  そこで、少ない購入資金でも薄く網の張れるマルチ削減法が考えられました。

 例えば、4試合の結果を予想するtotoがあったと仮定します。
この4試合すべて、ホームチームの勝ち&負け両方に投票したとすると、マルチでは16通りの組み合わせを買わなければなりません。

 ご覧の様にマルチでは、予想が重複している所がいくつもあります。マルチ削減では重複を解消し購入金額を節約します。
概要2  同じ予想をマルチ削減法に従って、購入したとすると1/4の4通りですみます。
この4通りの予想でマルチで買った如何なる買い目が的中しても、必ず3等(2つハズレ)内には入ります。
他にも、2等(1つハズレ)の確率は、75%。1等(全て的中)の確率は、25% あります。

 このようにマルチ削減法は、少ない購入資金でもより多くのマークができるので
totoを楽しむ上で有用な手法です。
概要3  このマルチ削減の手法は、実際には専用のソフトを使って行います。 ユーザーがマルチの感覚で予想を行い、ソフトがマルチ削減した結果を出力すると言った具合です。

 ソフトの出力は、テキストで一行一投票に対応しており
13試合分の勝敗値が連なる形式となっています。
概要4
概要5  以前までは、マルチ削減ソフトの出力を目視しマークシートに手入力していました。

しかし、出力結果が数十行となると、手入力するだけで多くの労力と時間を割かなければならず、その結果 マルチ削減を敬遠していた方も多いのではないでしょうか。
 そこで本サイトでは、マルチ削減ソフトの出力結果をブラウザマクロに変換し
マルチ削減した買い目の入力を自動化いたします。

 toto購入の際は、各販売サイトに移動していただきこのブラウザマクロを実行してもらうだけで
マルチ削減した買い目を入力できます。(※ 注文の確定は、手動で行ってください)